合格者の声VOICE

徳山高校普通科 合格

松浦優羽さん ( トップ進学校(中3) 下松中学校)

私は年明け1月の学校の習熟度テストで160点台をとってしまい、ボーダーラインが200点とされている徳山高校は絶望的な状況でした。しかし、塾の先生方がいろんな対策をして下さったり、良い勉強方法を教えて下さったり、いろいろなところから支えて下さいました。志望校についても変更するかどうか締め切りの直前ギリギリまで本当に悩みましたが、家族とも相談し、最後は自分の意志で徳山高校で貫き通すことにしました。決意してからは、どんどん力が湧いてきて自分でも信じられないぐらい勉強しました。その結果本番では210点を超える点数を取ることが出来無事合格することができました。本当に嬉しかったです。 結局私はラスト1ヶ月で50点くらい上げることができました。これから高校入試を目指す後輩の皆さんには、初めからあきらめるのではなく、自分には未知なるパワーが隠れていると信じ勉強を頑張ってほしいと思います。

松浦優羽

徳山高校普通科 合格

安井将大さん ( トップ進学校(中3) 久保中学校)

僕が本格的に勉強をし始めたのは3年生になってからです。それまでの勉強量の少なさを反省し、そろそろ行きたい高校のことを真剣に考えようと決意し、勉強をはじめるようになりました。少しずつ成績も上がり始め、『努力によって成績を伸ばすことが出来る』という成功体験をしたことで、さらに勉強に身が入るようになりました。自分なりに勉強には全力で取り組んだと思いますが、入試では合格はしましたが自分の納得のいく点数が採れませんでした。今考えれば、もっと早い段階から始めておけばもっと入試で納得のいく点数が採れたと思います。徳山高校に入ってからはこの反省を活かして、スタートの段階からしっかり納得のいく勉強をし、新しい目標に向けて日々努力していきたいと思います。

安井将大

山口県立徳山高等学校 理数科 合格

森田歩暉さん ( トップ進学校(中3) 中学NET 田布施中学校)

私は、徳山高校理数科の推薦入試を受検しました。何度も面接練習をしてくださったり、小論文の過去問をいただいたり、とてもありがたかったです。おかげさまで少ない合格枠にもかかわらず合格することができました。先生方や両親への感謝の気持ちを忘れず、3年後の大学入試を見据えて頑張っていこうと思います。

森田歩暉

山口県立徳山高等学校 普通科 合格

中谷駿さん ( トップ進学校(中3) 中学NET 浅江中学校)

必死に受験勉強し始めてから勉強だらけの毎日でつらかったですが、支えてくれた周りの方々にとても感謝しています。大学受験ではあとから必死になって勉強することがないように今からコツコツと努力していきたいと思います。

中谷駿

山口県立柳井高等学校 普通科 合格

西村胡春さん ( トップ進学校(中3) 中学NET 浅江中学校)

いろいろな人に支えてもらいながら無事、第一志望校に合格することができました!中でも、授業後でも時間を作って私の質問に答えてくれた徳進塾の先生方、いつも励ましてくれた家族には感謝の気持ちでいっぱいです。これからも、3年後の大学受験に向けて継続して勉強していきたいと思います。

西村胡春

広島修道中学 合格

松江奏弥さん ( 四谷大塚NET 6期生)

ぼくが合格できた一番の理由は、四谷大塚NETで予習ナビ・週テスト・復習ナビをしっかりこなし、徳進塾で週2回の授業を受けて理解を深めることで、少しずつ自信がついてきたことだと思います。
はじめのころは1週間の課題をすべてやりきるのはとても大変でしたが、気が付くと課題をやりきるのが当たり前になっていました。 毎週の週テストで結果を出したいという身近な目標と、さらに1つでも上のコースにいきたいという大きな目標がいつも自分の中にあり、それが課題をやりきる力になりました。テストの後で間違えた問題や分からなかった問題があるとくやしい気持ちになり、復習ナビを見てすぐに復習ができたことも実力アップにつながったと思います。
直前期は通常の課題に加えて過去問を解きました。これまで勉強してきたことが実際に通用することが分かり、徹底的に解き進めることが出来ました。
四谷大塚NETで身に着けた、目標を持ち1日もおこたらず学習し続けることを、これからも継続していきたいと思います。

松江奏弥

晃英館中学 合格

小田秀晴さん ( 四谷大塚NET 6期生)

ぼくは、四谷大塚NETクラスに入って本当に大きく変わることが出来ました。それは自分の意思で勉強することが出来るようになったことです。最初は親に言われて勉強していましたが、すぐに面倒くさいと思ってしまいなかなかやる気になれませんでした。
ぼくは5年生の冬から四谷大塚NETクラスに入りました。クラスの中では僕が一番遅いスタートでした。はじめのうちは周りの人に追いつくのが大変でした。毎週の週テストや予習ナビ・問題集などの課題をがむしゃらに取り組んでいるうちに、少しずつですが次はもっと結果を出したいと思うようになりました。一緒のクラスで勉強したメンバーの存在もとても励みになりました。頑張っているのは自分だけではないと思えるようになり、気が付くと誰からも指示されず自分で勉強が出来るようになっていました。
ずっと目標にしていた晃英館中学校に合格出来て本当に嬉しいですし、最後まであきらめずに勉強してきて本当に良かったと思います。

小田秀晴

晃英館中学『特待生』 合格 ノートルダム清心中 合格

中村 香南子さん ( 四谷大塚NET 5期生)

私は4年生の秋から四谷大塚NETクラスに入りました。 四谷大塚NETの課題をするのは大変でしたが、毎回取り組むうちに計画を立てて勉強する習慣がつきました。 四谷大塚NETでは毎週テストがあり、結果も次の日には返ってくるので、どこが分かっていないのかがすぐに分かります。そして同時に、復習ナビで解説も見られます。 教科ごとに先生がいらっしゃって分かりやすく解説してくださいました。豆知識のようなことも学べて、より理解を深めることができました。 通常授業では、新しい内容を先生が丁寧に教えてくださいました。分からない問題があれば授業の後にも分かるまで教えてくださったので、分からない問題も分かるようになりました。 合不合判定テストでは、今の自分が志望校に対してどれくらいのレベルかが分かり、詳しい結果も出るので、次はどの教科のどの分野を勉強しようなど計画でき、次の学習へつなげることができました。 今回第一志望に合格できたのは、徳進塾の先生方や四谷大塚NETのシステムのおかげです。大変だったけど、四谷大塚NETを頑張ってきて本当によかったと思います。

晃英館中学「特待生」 合格 広島学院 合格

八鍬 寿光さん ( 四谷大塚NET 2期生)

四谷大塚NETの仕組みを最初に見たときはとても大変そうに見えました。でも、自宅のパソコンでの有名な先生方の分かりやすい授業と、徳進塾の先生方の分かりやすい授業、そしてテスト前にもフォローをしてもらえたので難しい内容でも理解することができました。毎週のように週テストがあるので、勉強のリズムをつくることができました。 そして、復習ナビで間違えたところを確実にわかるようになるまで復習をするので知識が定着しました。さらに、合不合判定テストでは全国の受験生の中で自分の位置を正確に知ることができたので、受験する中学校を決めるうえで役立ちました。入試当日も、今までたくさんのテストを受けてきたので、時間配分にも気を付けながら問題を解くことができました。合格の知らせを聞いたときはとてもうれしかったです。頑張って続けて本当に良かったと思います。

八鍬 寿光

京都大学 合格 大阪大学工学部 合格

江崎 比奈乃さん ( 東進衛星 桜ケ丘高校晃英館コース)

かわいい後輩へ。大学受験はつらいけど、根性で頑張れ!!

江崎 比奈乃

名古屋大学医学部保健学科 合格

三牧 大悟さん ( 東進衛星 徳山高校)

国語が苦手でしたが、徹底的に演習することで成績が伸びていきました。
目標を達成するにはコツコツとやり続けることが大切だと思いました。

三牧 大悟

九州大学薬学部 合格

伊ヶ崎 孝洋さん ( 東進衛星 徳山高校)

伊ヶ崎 孝洋

九州大学工学部 合格

河本 涼さん ( 東進衛星 下松高校)

大学受験を経て、前を向く力が成績を上げる秘訣だと思いました。
そして、どんな日でも勉強を続けることが大切だと思います。

河本 涼

神戸大学経営学部 合格

照喜名 陸さん ( 東進衛星 下松高校)

自分を信じて、諦めずに頑張り続ければどんなことでもできると受験を通して学びました。
一緒に努力した皆には感謝しています。

照喜名 陸

お気軽にご相談ください

先頭に戻る